余裕のある資金計画の必要性

マイホームを建てた時の経験から最初の資金計画に余裕を持っておく事が大切だと実感しました。概算の資金計画を作りますが、建物、土地、外構工事、諸経費などを概算で算出します。ここで余裕を持たせずに資金計画を立ててしまうと後々、費用的に苦しくなってしまいます。特に注文住宅の場合は、家づくりのために仕様決めを行っていきます。途中で追加や変更といった内容が発生する度に見積もり金額もアップしていきます。当初の資金計画では、予算内に収まっていたはずが仕様決めが終わった後には大幅に予算を超えているといった事態になってしまいます。そのため最初に資金計画を立てる際には、十分に余裕を持った計画作りが必要です。変更や追加でアップする事を想定しておけば安心です。さらに諸経費についても様々な項目があるため資金計画をする際に項目漏れが無いようにハウスメーカーとしっかりチェックする必要があります。マイホームを建てる際には、余裕を持った資金計画が必要です。

~想定よりも費用が発生した諸経費について~

住宅を購入する場合には、建物や土地の費用のみではなく様々な諸経費が発生します。諸経費を考えずに予算を立てていると予算に収まらず予定よりも住宅ローンを多く申請したり、住宅ローンの頭金を減らす事も必要になってしまいます。そのためどのような諸経費が発生するか項目を洗い出しておいて予算の中に入れておく必要があります。諸経費には、土地の登記費用や住宅ローンの保証料、カーテンなど後から個別に施工する工事など様々な項目があります。これらを合算していくと思っていたよりも高い金額となります。諸経費について事前に把握をしておく事で後から予算が足りないといった事も避けられます。住宅を建てる際には、必ず土地、建物、諸経費が必要な費用項目となるため忘れずに予算に入れておく事が大切です。注文住宅では、土地、建物、外構工事まで順番に行われていきます。進捗に合わせて諸経費が発生していく項目もあるため頭金と合わせて準備しておく必要があります。

~資金計画は事前に詳しく調べておきましょう!~

マイホームが欲しいと考えるようになったら、まず資金計画は事前に詳しく調べておきましょう!事前に資金の準備がしっかり整っていると頭金として支払うことができるので、その分、住宅ローンの負担を軽減できたり、色々とオプションを追加していくと住まいはすぐ値上がりするので、やはり大きなお金が必要になるので、早めに資金計画を立てておくことで、かなり負担を軽減することができます。やはり少しでも住宅ローンの負担を軽減することで、お金のやりくりが楽になりますし、長年住宅ローンを払っていくとなると子供の教育費などと重なる時期が来るので、そういった時に頭金がある程度貯まっていると、負担もだいぶ減るので上手に暮らしていくことができます。銀行へ相談へ行くのも良いですし、地域によって住宅の価格も大きく違うので通勤時間と考慮して、どのくらいだったら通勤時間は確保できるか判断してから住まい購入する最寄り駅を検討した上でマイホーム購入を考えましょう!

内職 アルバイト JALカード 貯蓄

家計見直しクラブお家の見直ししま専科