マイホームの参考は築10年一戸建てで

一戸建てマイホームを建てるのなら、新築の一戸建てマイホームを見せてもらうより、築10年ぐらいが経過した一戸建てを見せてもらう方が参考になると、私は思います。もちろん新築住宅の方が参考になる場合だってありますよ。

住宅設備なんかは、古いものよりも新しいものの方が大いに参考になりますから。住宅設備のショールームに行くよりも、実際に使っている人からの意見の方が、身近に感じられますから。とても参考になりますから。

しかし住宅設備も含めた家全体のことについては、やっぱり新築一戸建てよりも、築10年越えの建物の方が参考になると思うんです。だって、一戸建てマイホームを建てたら、30年ぐらいは住むじゃないですか。それに新築といえるような年数って案外短いんですもん。

子供がいるかいないかにもよりますが、築4、5年を経過したら、大分傷んできますからね。住宅設備もしかり。ですからそこで「長持ち具合」がわかるんですよ。ですからこそ、新築もいいけれど、築年数が進んだ一戸建てを家づくりの際は見せてもらった方が良いと言っているのです。参考になりますよ。