中古よりも詳しく内覧で確認できる新築住宅

住宅を買うなら、選択肢は2つあります。新築もしくは中古の物件です。

後者の中古住宅には、価格に関するメリットはあります。築年数が古い住宅ですと、全体的に販売価格は低めだからです。たとえ中古住宅に対するリフォームを行っても、新築よりは安くなるケースも多いです。

確かに価格のメリットは大きいですが、必ずしも内覧できるとは限りませんから、注意が必要です。そもそも住宅を慎重に選びたいなら、やはり下見も行っておきたいものです。住宅の詳細な状況を確認するためには、建物内は見ておきたいでしょう。

ところが中古住宅ですと、まだ人が住んでいる事があります。居住中の状態ですと、全ての部屋の中を確認できる訳ではありません。水回りなどは使用中なので、細かく状況を確認できないケースも多々あります。

その点新築住宅は、あらゆる箇所を確認できるのです。全ての箇所を細かく確認できるのは、新築住宅の強みの1つです。物件の状況を細かく確認したい時は、中古でなく新築も検討してみると良いでしょう。