住宅の間取りは広すぎるのも禁物

注文住宅の間取りを決めるなら、やはり広さは軽視できません。窮屈な住宅ではストレスが高まってしまいますし、できるだけ間取りは広くしたい事もあるでしょう。

しかし間取りが広すぎるのも考えものです。例えば物の取り出しの問題があります。

あまり間取りが広いと、物を取り出すのに苦労してしまうケースがあります。キッチンの棚に物を収納するのは良いですが、広々しすぎていると、収納されている場所まで行くのも大変です。移動距離が長ければ生活ストレスも増えてしまいますし、あまり広すぎるのは良くありません。

またリビングの温度の問題があります。確かにリビングは、そこそこ広いに越した事はありません。窮屈なリビングですと、生活ストレスが高まってしまう可能性があります。

だからと言って、広すぎるリビングも困ってしまう事も多いのです。リビングの面積があまり広いと、冬の時期などは大変寒くなってしまう事があります。

ですから注文住宅の間取りは、広すぎるのも良くありません。きちんとシミュレーションを行って、適切な間取りにしておく必要があります。