家の価値観が変わってきています。

確かにオシャレなデザインやインテリアの家は、外からみますととても素敵な家ですが、耐震性やバリアフリーなどに対応できていて、気密性や耐火性を高めた家を希望する人達が増えています。その中でも重要な要素は気密性で、気密性の高い家は冬は外気の室内侵入を防いでくれますし、夏はクーラーなどの冷気を外に逃がしにくくしてくれて快適な住環境を住む人に与えてくれます。気密性が高い家は光熱費や燃料代などの出費を抑えてくれて、これが経済的な負担削減やエコにもつながります。寒冷地などでは地元の工務店などが、寒冷地に適した気密性の高い家づくりのノウハウを持っていて、最近は窓などのサッシなどにも技術革新が進んでいます。都心部では、簡単に日当たりや家の広さを求めるのはなかなか難しく、逆に家の機能が高い家が選ばれる傾向があります。耐震性やエコ、バリアフリーにはさまざまな税金の優遇措置もあり、国をあげて指標をつくり奨励もしています。