家造りで理想的な家といえばやはり注文住宅

まず、家造りに関して、理想的な家造りといえば一言で言えば、「家族が満足のできる家」ということになるでしょう。 では満足できる家とはどのようなものかと言いますと、それは注文住宅ということになるでしょう。 注文住宅は基本的には金銭も絡むことになり、其の余裕もあって家族の意見や専門家による設計を立てながら、希望通りに建てられるのが理想の家で、即ち、注文住宅ということになるでしょう。

其の注文住宅の理想というのは、家族構成によって各人が部屋を持っていることでもあり、主人夫婦や子供の数、其れに両親の部屋を其々に確保できていることが基本になるでしょう。 其の上に家族全員が集まることが出来るスペースであるリビングルーム、其れに台所、キッチンと言われるD・Kということになるでしょう。 更に理想としては主人用の書斎や応接室や主婦の家事室などがあれば尚、いいでしょう。

其れに、注文住宅となると当然ながら土地が必要になってきますが、土地の面積は家の作りの建坪の数倍の広さも必要で、家そのものは平屋建てが理想です。 家のタイプや素材については木造の和風式のもので、これはに日本という国の特性から四季がハッキリしていて、即ち、寒暖差が大きく湿気が多いということにも通じます。