理想的な家づくりはインテリア、エクステリアも、

理想的な「家づくり」というのは生活の中に癒やしや潤い、彩りをつけるためにもインテリアやエクステリアも重要と言われています。 インテリアは家の内部を小気味よく飾り付けることであり一方、エクステリアというのは家の安全や家の周りを気持ちよく整えリモノで、何れも住居空間として必要なものとされています。

特に、忘れがちなエクステリアについてですが、一般に家や住居というのはマンション型式の団地住宅、集合住宅は別にしても、その周りは何らかの形で敷地に囲われています。 従って、これから敷地内に家を建てようとする時は、家の周囲のことも合わせて建築することになります。

これらの家の周囲の環境を整えることを外構、又は、エクステリアといい、それらの工事を外溝工事といって、無論、住宅建築とは別に、設計したり、工事をしたりします。

「エクステリア」とは元来は、住宅の周囲の全ての事、即ち外溝全般のことでありましたが、現在では、家や住居の内部の装飾と言われる「インテリア」に対する言葉としても使われ、やはり、見た目が綺麗で、美しく外回りを飾る事を意味します。

家の境目である門やフェンス、それにカーポート、テラスハウスなどの建造物の他にも、周囲の生垣、植込みや花壇や庭造りにおけるガーデニングもエクステリアに含まれます。即ち、家の外部を如何に綺麗に整えて、生活するのに必要と思われる屋外の施設をどう作るかも建築上、重要なポイントになります。