窓を広くとり明るくなった

以前に住んでいた家では、とても暗くそのことで悩んでいました。くらい家というのは、やっぱり気分も暗くなります、どんよりした気分になることがあり,そんなときももっと明るい家だったらいいのになといつも思っていたのでした。

またくらい家だと、やっぱりカビが繁殖しやすいです。カビが繁殖しやすいので、その関係か喘息などの病気になることもありました。喘息の場合は、それだけが原因ということではありませんがそれも一つだと思っています。

そこで新築にする時には、もっと明るい家がいいと思っていたのです。そこで考えたのは、南に窓を大きくとることです。窓を大きくすることにより日差しがたっぷりと入り込み明るくなると思っていたのです。

実際にそのような窓を大きくしたら、本当にとても明るいです。しかも寒いこともそんなにないので、床暖房を使うことがありません。窓は大きくして気持ちよくなったことと、喘息も少なくなり満足しています。