新築一戸建ての家を購入する際に気を付けたいこと

以前、住宅展示場の仕事をしたことがあるのですが、そのときに、いろんな

モデルハウスを見て回りました。

畳の部屋がある和を基調とした家や、窓が多くて明るい家、いろんな箇所に手すりが

ついた高齢になっても住み心地のよい家など、いろんな家がありました。

あったらいいなと思う機能が、たくさん備わっている家はありますが、なんせそうなると高額になります。

そこで、いろんな住宅販売会社の方へ、家を買う際に、気を付けた方がよいことを

いろいろ聞いてみました。

まずは、家を建てるための土台がしっかりしているかということが重要だと

教えてくれました。

建物がどれだけよくても、土台がよくないと、数年後に家が傾いたり、

湿気で家の柱が腐ったりしてしまうそうです。

次に、耐震性です。

最近、大きな地震が多いので、耐震性のしっかりしている家を選ぶことが

重要だと話してくれました。

家を購入するというのは、安い買い物ではありません。

だからこそ、耐震性や土台など、普段、目に見えない部分がしっかりしているかどうかをよく

調べることが大切です。